歯科

人工の歯を製造する人たち

需要が高いその理由とは

歯

歯科技工所は歯科技工士または歯科医師が歯科技工を行う場所です。歯科技工所は歯科技工士もそうなのですが名称独占とされています。これは名称独占資格と呼ばれる資格の一種であり、類似の名称を名乗ることが禁じられています。ですので、歯科技工所や歯科技工士はその特定の分野において業務独占が許された重要な地位の職業ということがいえます。歯科技工士の仕事としては、歯科医院または病院から発注があった場合に技工物を受注して制作していき、納品を行うというのが業務内容となります。個々の患者にフィットしたサイズの技工物を製造していく必要があるため歯の健康維持のためには欠かせない職種といえます。また、歯科医院や病院が多いこともあり需要も非常に高く人気もあります。こういった歯科技工所があるおかげで、歯に悩みがある人が助けられています。

外国へも提供しています

歯科技工所で製作する主な技工物としては入れ歯や義歯、さらには歯列の矯正装置などが挙げられます。日本国内の歯科技工所においては単に患者へ技工物を提供するだけではなく、海外の先進国や発展途上国などへ技工物を輸出する事業も行っているところもあります。この歯科技工所は数多く存在しているので、もし歯に関して何か器具を作成するのであれば、品質やサービス内容に応じて選択すべきでしょう。また納品がどの程度なのかなども確認しましょう。いまは歯科医院が直接歯科技工所に問い合わせることが多いですが、患者自らが問い合わせて質問も可能となっています。